交通事故被害で慰謝料請するにあたって知っておきたいこと

弁護士費用の抑え方

基本的に交通事故被害の慰謝料請求に関しては弁護士に相談をするのが一番良い方法となります。実際に弁護士に行動してもらうためには費用がかかるのですが、それを抑えるための方法を紹介しましょう。

まず最初の相談料については無料となっている法律事務所があります。そこを利用すれば相談の費用を気にする必要がなくなるでしょう。安心して話を聞いてもらうことができます。もしあなたが自動車保険に加入しているならば、弁護士費用特約というものがついているケースがあります。これがあるならば弁護士費用は300万円まで、相談料は10万円まで保障してもらうことができます。これを活用すれば弁護士費用にお金がかかってしまうのを防げるでしょう。

弁護士に依頼する際にはできるだけ自分の住んでいる場所の近くで頼みましょう。遠くの地域にある弁護士に依頼することも可能なのですが、やり取りにかなり手間がかかってしまいます。地元で交通事故に強い弁護士を探すと良いでしょう。その方が費用もかからなくなります。

交通事故で民事訴訟を起こすケースがあります。この場合、勝訴したときには弁護士費用の一部を加害者に対して請求することが可能です。これによって費用を結果的に抑えることができるでしょう。

知っておくべきこと

交通事故被害の慰謝料請求において知っておくべきことをいくつか紹介しましょう。まず交渉においては基本的に相手は保険会社の担当者となります。担当者と話をする際には多くの方が最初に提示された金額をそのまま受けてしまうことが多いです。しかし、これは絶対にやってはいけないことです。少なくともその金額が妥当なものであるかどうか確認するべきでしょう。保険会社は自分達の利益のことだけを考えており、そのため相場よりも低い金額を提示していることが多いのです。

もし加害者に100%の責任があるケースでは被害者の保険会社は示談交渉をすることができません。この場合、被害者本人が交渉をしなければいけなくなります。そのためこういうケースでは弁護士に相談をするべきでしょう。被害者側に有利な交渉をするためには専門的な知識やテクニックが必要となるからです。

慰謝料請求の額の基準については3つの基準が存在しています。それは自賠責保険の基準と保険会社の基準、そして裁判所による基準です。このうち一番高い基準というのは裁判所による基準であり、これは一番低い基準に比べて倍以上となっているケースがあります。そのため弁護士に相談をして慰謝料を増額することが大切なのです。

交通事故被害の慰謝料

もし交通事故被害にあってしまったならば、被害者は加害者から慰謝料を請求することができます。慰謝料は精神的損害に対する損害賠償金のことです。交通事故というのはその人にとってかなりショックな出来事となるでしょう。それがトラウマとなってしまうこともあります。そのような精神的なダメージに対して支払われるのが慰謝料なのです。もし怪我をしてしまうことがあれば、それによって通院や入院をしなければいけないためさらに精神的なダメージは大きくなるでしょう。

ただし交通事故被害の場合には慰謝料とは別に治療費や入院費、休業損害といったものもあります。本来の慰謝料というのは精神的損害に対するものだけなのです。それに加えて他にもいろいろなお金を請求することができて、それらを総称して損害賠償というのです。

交通事故被害についての慰謝料請求においてはいろいろな専門的な知識がないと分かりにくい部分が多いです。それを知っておかないと被害者が損をしてしまうということもたくさんあります。そこでこちらでは将来慰謝料を請求する立場になったときにぜひとも知っておくべきことを紹介しましょう。基本的な知識から専門的なことにいたるまで、知っておくべきことを教えます。素人でも分かりやすいように丁寧に説明しましょう。交通事故被害というのは他人事ではなくて、誰でも巻き込まれる可能性のあるものなのです。こちらで紹介する事柄についてはぜひとも覚えておきましょう。