交通事故被害で慰謝料請するにあたって知っておきたいこと

知っておくべきこと

Posted on 2017.07.04 by 運営者

交通事故被害の慰謝料請求において知っておくべきことをいくつか紹介しましょう。まず交渉においては基本的に相手は保険会社の担当者となります。担当者と話をする際には多くの方が最初に提示された金額をそのまま受けてしまうことが多いです。しかし、これは絶対にやってはいけないことです。少なくともその金額が妥当なものであるかどうか確認するべきでしょう。保険会社は自分達の利益のことだけを考えており、そのため相場よりも低い金額を提示していることが多いのです。

もし加害者に100%の責任があるケースでは被害者の保険会社は示談交渉をすることができません。この場合、被害者本人が交渉をしなければいけなくなります。そのためこういうケースでは弁護士に相談をするべきでしょう。被害者側に有利な交渉をするためには専門的な知識やテクニックが必要となるからです。

慰謝料請求の額の基準については3つの基準が存在しています。それは自賠責保険の基準と保険会社の基準、そして裁判所による基準です。このうち一番高い基準というのは裁判所による基準であり、これは一番低い基準に比べて倍以上となっているケースがあります。そのため弁護士に相談をして慰謝料を増額することが大切なのです。